shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 08日

#9 秘密のモビルスーツ

・また、今週もちょっと遅れてしまいました。すみません。



・まあ、今週のお話はガンダムシリーズで限って言えば「逆シャア」が有名ですが、それ以外にも「グリーンダイバーズ」というのがありまして。
 今回の生身で宇宙空間に出る、というのはそこで既に扱われていたネタなのですね。
 まあ、この問題は諸説ありまして何とも言えないところではありますが、それでも瞬時に血液が沸騰したり腹腔が急激に膨張して破裂、ということはないようです。
 そういう意味では今回の描写が正しいかどうかを断言することは出来ませんが、そんなに現在の理論からは外れてる、ということでもないのではないか-としか言いようがないですね。

・タイタスは本格的にかませ犬になってしまった感がありますね。しかし、本当にフリットに先読みが出来るのなら敵メカの動きを予測して、そこにタイタスを持って行くという芸当くらい出来そうなものですが。

・で、今回のこのメカって#3で出て来たのと同じですよね。あの、ドッズライフルを避けるか、もしくは直撃を食らっても平然としていたアレ。
 個人的にはタイタスの開発はこの時のドッズライフルが効かない、というのを前提にしてビルダーが開発していたのとばかり思っていました。
 しかし、今回の話で敵メカのスピードにフリットが翻弄されるのを見てビルダーが勝手に動き出したのだとしたら、この仮説は成り立たなくなってしまいます。
 なんで、ビルダーはタイタスを建造したんでしょうね。あのコロニー内での戦いを短い戦いを、ビルダーは見ていたってことなんでしょうか。

・しかし、あのブリッジ内での茶番劇はなんなんだろうなあ、とか思ってしまいました。連邦軍が腐ってるとかそういう問題ではなく、この局面なら勝算があるのかどうかで考えるべきなんではないのか、と。
 ドッズライフルの量産も出来ないこの状況で、敵の本拠地に攻め入るなんていうのは愚の骨頂としか言いようがないでしょう。あのヒゲ艦長は一体、どんな勝算があって攻め込もうというのでしょうねえ-少なくとも、ここまで見て来た内容からはとてもではありませんが想像つかないんですが。
 ひょっとして、来週までにご都合主義でドッズライフルとシールドの量産が終了した、とかいうことになるのかもしれませんけど。が、それは最悪手でしかないのではないかと。

・あとはもういちいち、突っ込みません。挙げて行ったらきりがないですから。来週はスパロー出るんかのう…。
[PR]

by shunichiro0083 | 2011-12-08 04:27 | AGE「感想」


<< #10 激戦の日      #8 決死の共同戦線 >>