2011年 09月 20日

仮面ライダーフォーゼ第3話 女・王・選・挙

・さてさて、第3話となった「フォーゼ」ですがどんなもんなんでしょうね。取り敢えず、玩具の売り上げは相変わらず上々のようですが。
 そういえば友達がおもちゃ売り場でお子さんが「宇宙キターッ」て言ってるのを見た、って話なのでお子さんも気に入ってくれるようです。





・今回の話の肝は賢吾が使えないと見切りをつけたアストロスィッチを弦太朗が価値を見出した、というのと女王選挙の前半戦、というところでした。
 アストロスィッチの方は結構、指摘されてますがホッピングなんぞという飛び跳ねるものをあんな狭い実験室で試す方がどうにかしてる訳で。
 まあ、賢吾の蒙を啓くというシーンを入れたかったのは分かりますが、それならせめて月面では低重力なので飛びすぎてしまい、あわや弦太朗が宇宙漂流しかけるとか、もっと別の見せ方をすべきだったんではないかと。
 細かいことですが、そういう部分はもう少し詰めるべきなんではないですかね。

・カメレオンゾディアーツはどうやらサイドキックの方割れっぽい感じですが、こっちも今のところではなんとも言えないですね。
 ただ、サイドキックだったとしたら、どうして他の女王候補を脅かして現女王を有利にさせるような行為をしたのかが分かりません。
 倒錯した同性愛(片想い)の結果、なんでしょうか。

・そう言えばなんか唐突に蠍座のゾディアーツが登場してましたが、こっちはもう本当に何しに出て来たお前、という感じですね。
 今回は「W」や「オーズ」と違って有耶無耶の内に敵対勢力が出て来て、それが一体、どういう目的で何をしているのかがさっぱり提示されてません。
 このお話では一応、女王選挙の妨害工作ということをしてますが、これって仮面ライダーが相手するほどの悪事なのか、って気もします。
 無論、赤い目の人や幹部ゾディアーツはまた別なんでしょうが、それがなんなのかが片鱗レベルでさえも見えてこないというのはどうなんでしょうね-まあ、世界征服とかではないんでしょうけれど。
[PR]

by shunichiro0083 | 2011-09-20 20:47 | 特撮


<< 仮面ライダーフォーゼ第4話 変...      仮面ライダーフォーゼ第2話 宇... >>