shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 22日

スターゲイザーの動力源のこと

・久しぶりの設定関連の文章です-本当はネブラブリッツが出来ると評判のミラージュコロイドテレポートに関する記事でも書こうと思っていたのですが、5分で放棄しました。いや、無理でしょ、アレ。それに多分、量子テレポーテーションしか落とし所がないと思いますし。

・だから、という訳ではないのですが「スターゲイザー」最大の謎台詞「NJキャンセラーが効いているから、パワーセルしか使えない(要約)」について考えてみようと思います。
 一応、何故これが謎台詞なのかを簡単に説明しますと、NJキャンセラーが効いているなら-核分裂を抑止するNジャマーは無効化されているので-核エンジンは使用可能になる筈なので、バッテリーと同義語のパワーセルに頼ることはない訳です。
 しかしながら、「パワーセルしか使えない」ということはスターゲイザーに搭載されていると思われる核エンジンが使用不可能である、ということになっているという訳で、これは大いなる矛盾であります。

・まあ、普通に考えるならこれは脚本レベルでの書き損じというのが正解でしょう(その割に後発のコミカライズや同作品のコミックスでも修正されなかったのはどうかと思いますが)。
 けれど、それでは面白くない。やっぱり、作中における演出には何らかの意図があって欲しいとダメガノタの端くれとしては思うのであります。
 で、そうこうしている内に神が降りて来ました。これなら、NJキャンセラーが効いちゃってたらしょうがないようなあ…という画期的な動力源を思いついたのです。
 そう、その最新鋭機関こそは
 NJドライブだったのです!



・ごめんなさい、嘘です。

・本当は核力絶縁方式慣性核融合(Strong interaction Isolated Inertial Confinement Fusion=SICF)を用いた核融合炉が搭載されていると考えています。
 では、SICFは一体何かと言うと一説にはCE世界で唯一実用化されているというレーザー核融合技術と、Nジャマーを併用させたものであります。
 火星以遠の宇宙を研究することを主要な目的とするDSSDが核融合エンジンの研究開発を断念していた、と考える方が無謀でしょう。いくらVLが開発されたとは言え、その形成には電力を必要とするのですから、その最低でも数十年に及ぶ探査行を支える動力源としての最有力候補は核-しかも核分裂よりも核融合ということになるのが自然ではないかと推測します。
 ただ、アークエンジェルなどの艦船に用いられているという『レーザー核パルス融合推進システム』は文字通り推進するだけに特化した解放式でしかなく、恒常的な動力源としては用いられていないのが実情のようです(余談ですが、この核パルス云々が書かれていた種公式サイトのコラムは消されちゃいました)。

・このように核パルスエンジンが実用化されているにも関わらず慣性核融合を用いた実用炉が完成していないということは、その高温高圧の状態を維持することに失敗しているということなのでしょう。
 で、ここで思い出して頂きたいのがNジャマーの効果です。Nジャマーとは中性子の活動を阻害する何らかの力を発生させる装置ですが、困ったことにこの中性子は電荷を帯びていない為に電磁場では干渉することが出来ません。
 しかしながら中性子に影響を与えることが出来るのは原則、核力-即ち“強い相互作用”のみである以上、Nジャマーが超強力な核力を発生させていると考える他ありません。これは推測ですが、CE世界の物理学では大統一理論が完成しており、電磁力で核力を再現することが可能となっているものと思われます。

・さて、核融合とは突き詰めるなら二つの原子核同士が引き合う力(核力)が反発する力(クーロン力)を突破し、融合する反応のことです。そして、この反応を持続させる為の条件が高温高圧状態の維持ということになるでしょう。
 DSSDは炉内を単純な高温高圧にするのではなく、Nジャマーの疑似核力を加えることで原子核同士の距離を圧縮。そうすることでD-3He反応に必要な温度を数千万度にまで引き下げる他、プラズマや荷電粒子、高速中性子から炉壁を保護することも可能となり、従来の技術的困難を克服したと考えられます。
 特に磁場では制御出来ない中性子の問題は深刻であったと考えられるので、その意味でもNジャマーの技術は核融合工学においては福音と言っても過言ではなかったと思われます。
 更には炉壁の構造材にはPS装甲技術を転用することで、より高い安全性を確保することが可能です(PS装甲は大きなエネルギーを投入することで耐熱性を持つことが出来る)。そういう意味ではこのSICFには連合・ザフト双方の最新鋭技術が投入されているということになります。

・と、一見、いいことづくめのSICF式核融合炉ですが一つだけ深刻な欠点が存在します。そう、NJキャンセラーです。Nジャマーの効果を打ち消す性能を持つNJキャンセラーが働いてしまうと、Nジャマーに依存するSICF式核融合炉は稼働出来なくなってしまうのです。
 セレーネの台詞はこのことを指していたのでした-尤も、NJキャンセラーの効果はMS1機を覆う程度のもので、Nジャマーのように広範囲に渡るものではない、ということになっているのですが…。
 翻って考えれば、ファントムペインが幾ら高性能AIを強奪するからと言って、あの時期にあれだけの部隊を動すというのも解せない話です。が、その真の目的が実用化された核融合炉とそのデータを奪取する為だった、とするならより納得がいくのではないかと思いますが-どうでしょうね。
[PR]

by shunichiro0083 | 2010-01-22 09:39 | 設定


<< 『ガンダム「戦後」三〇年の記憶...      新年のご挨拶のこと >>