shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 26日

#20 アニュー・リターン

・相変わらずの忙しさで感想を書くのも一苦労です。

・某ゲームでのテム・レイ軍EDというのを友人に見せて貰ったのですが、これがテムが造ったコンピューターが人類を統治して幸せになるという、凄いオチ。
 こっちのオチも、完璧なヴェーダが人類を統治してめでたしめでたし-とかだったら嫌だなあ、とか思いました。

・あ、そう言えば今出てる「マガジンGREAT」に「00」の提灯記事漫画が載ってますよ。



・新生CBがヴェーダを探していたとは知りませんでした。ついぞ、そんな描写がなかったもので。

・アニューはどうやら、自己を保持した上で潜入していたらしい。その割に、リボンズがツインドライブについての情報や知識を一切知らない、というのは解せない話。その辺り、今回の展開を見る限りでは全部筒抜けであるべきなんじゃないでしょうか。
 幾らなんでも、オーライザーによるツインドライブの制御が刹那が帰還してから始まってる、ってことはないでしょうから。

・ここに来てようやくアニューを裏切らせるってことは、逆に言うとリボンズにとっては自分以外の全てはゲームの駒でしかないってことなんでしょうね。
 その気なら、さっさとトレミーを無力化することも可能だった訳ですから。

・ソーマは脳量子波を具体的に感知出来るらしい。至近距離だから、今まで分からなかったものが分かるようになったってことなのかな?

・潜んでいたハロがオーライザーのコントロールを取り戻す、っていうのもかなり意味不明です。そんなことが出来るくらいなら、最初っから出撃させなければ良かったんですよ。
 それとも、追いついた2機から射出されたんですかね。

・イノベイターは薬物投与でなれてしまう様子。まあ、ナノマシンで脳味噌と代謝を制御すればいい、ということなんでしょう。
 で、そうすると皆、リボンズの意のままになってしまうという。リボンズさん、世界を手に入れるだけでは飽き足らないようです。

・ビームが曲がるのも、もう驚かないなあ。「種」の時はちょっと驚いたけど。脳量子波で制御出来る、とかいうことにならなければいいんですが。

・で、まあ、結局、二代目はアニューを討てず、代わりに刹那が汚れを引き受けることになりました。トレミーを攻めに行った二人は生き残ってるのにね。
 情報を聞き出す、という意味でもアニューを殺すのは勿体なかったでしょうね。別に00ライザーならキラよろしく達磨にして、戦闘能力を奪うというやり方もあったんじゃないでしょうか。
 そういう意味では刹那が二代目に責められるのも、決して理不尽とは言い切れない気がします。

・ま、言いたくはないけどこういう展開にしてるから話が一向に進まないんでしょうね。ラスト五話だというのに、先が見えて来ないというのもこの辺りに起因するのでしょう。
[PR]

by shunichiro0083 | 2009-02-26 23:27 | 感想「00」


<< #21 革新の扉      #19 イノベイターの影 >>