shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 17日

#19 イノベイターの影

・ええ、相変わらず仕事が立て込んでいて本文に加えてコメントのレスも満足に出来ない有り様です。申し訳ありません。

・そんなこんなで、今回も箇条書きの簡略版です。



・予想通り、マリナは死なず。しかし、クラウスが体制側の人間であるという疑念は消えないんだよなあ。

・マリナは子供が死ぬことよりも、自分の信念が大事らしい。

・やっぱり、二代目はアニューのことを薄々勘ずいてはいたらしい。

・で、刹那のアレはヒロシの弾丸に毒粒子が仕込まれていた、ということらしい-どうして、そういう最低な結論になるんだろう。
 だったら、カタロンを襲う際には皆、そういう弾丸なり粒子を撒き散らして行くなりして、外堀を埋めてからやるべきだよなあ、と。
 これって、伏線以前の問題ではないかとも思います。

・で、それの進行が遅いのもツインドライブですか。都合の悪いことは全部、ツインドライブの所為なんですね。

・アレルヤ復活も、何の意味もないようにしか見えない。素晴らしい。これで全ての罪を背負ってアレルヤが完全消滅とか言ったら大笑いだなあ。

・で、ツインドライブの発動が不安定なのは御都合主義が具現化したものだからでしょうか。イデの発動だって、もう少し統計だっていたけどなあ。

・なんの前触れもなく、インナートリップする沙慈とルイス。前回の裸祭にクレ-ムがついたのかもしれないが、いきなり描写方法が変わっていると非常に分かりづらいんじゃないかな、と。

・で、ルイスの誤解はいつの間にか解けてるし。最低なやり方じゃないのかなあ、これって。

・幻術っていうのはいいなあ。実にしっくり来ます。

・六刀流のセラヴィーは良かったと思います。3番目のOPに出てたのはこれだったんですね。

・そして、何故か特定の人間にしか働かないツインドライブの効果。前回、聞こえていたんだから、ソーマの声が聞こえていても良かったんじゃないかな、と思います。
 それだと、小熊の父に対する誤解が解けかけないから仕方ないんでしょうけどね。

・沙慈はCBの理念を全否定。それに反論出来てないってことは、薄々それが間違っていたってことに内心みんな気付きかけてる、ってことなんでしょうか。
 まあ、確かに第2期はそういう展開だったですけど。

・武士道は武士道で何やら思う所があるようで。何か道を踏み外そうな台詞ではありましたが。

・沙慈が決心した戦いが何なのかで今後の展開が見えるでしょうね。あのまま居残ってオーライザーのパイロットやってたら、大失笑ものだと思いますが。

・ヒリングが言う「私たち」はわざと捕虜になったリヴァイヴと覚醒したアニューを入れてるんでしょうね。

・ラッセは…死なないんだろうなあ。

・ネーナの機体はスローネドライの皮だったようで。アルケーには勝てそうにもないなあ。

・王留美はあっさり退場するのかどうか。何となく、兄貴が庇って九死に一生を取りとめる、とかいう展開になりそうですが。

・やっぱり、歌については無視だったか。この後に入れるとどうにも間延びすると思うんだけどなあ。
[PR]

by shunichiro0083 | 2009-02-17 18:26 | 感想「00」


<< #20 アニュー・リターン      #18 錯綜する想い >>