shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 16日

空間認識能力のこと

・で、お題の“空間認識能力”というのは「種」世界ではガンバレルやドラグーンを操作するのに必要不可欠なものであり、一説にはナチュラルをコーディネイターと言い張らせてしまうことすら出来る、それはそれは便利なものとされています。
 で、HJ誌の「SEED MSV戦記」によりますと、この能力を持つ数少ない一人であるモーガン・シュバリエの記述には「探査機器に拠らず味方機の布陣や敵機の位置を言い当てた」という趣旨の文章があり、これがモーガンの“空間認識能力”の発現である、としています。要するに、視覚等五感に頼らない生体レーダーとも言うべき能力こそ“空間認識能力”の第一なのでしょう。
 しかしそれだけだと、ミサイルやらビームの雨霰をひょひょいと避ける「種」のエースパイロットの皆さんは全員コレの持ち主になってしまうので、ここでは「MSV戦記」の「布陣を言い当てた」という所に注目したいと思います。つまり、生体レーダーで捉えた敵味方の位置を脳内で三次元的に、かつ瞬時に再構成し、把握することが出来て初めて高速で移動し、射撃するガンバレルやドラグーンを精確に制御出来るのではないか、ということ。
 この二つがあってこその“空間認識能力”なのでしょう、多分。持っているとは言えムウやクルーゼはこの能力が多分に限定的で、互いの存在だけに反応する第一の能力が突出している様子(まあ、負の感情によるものなのでしょうが)。普段の戦闘ではあまり、第二のものも発揮されている様子はありませんでした。けど、ひょっとしたら、クルーゼがサイクロプスの発動を察知したのはこの能力による、ということになるのかもしれません。
[PR]

by shunichiro0083 | 2004-11-16 23:39 | 設定


<< PHASE‐05 癒えぬ傷痕      「真贋不明な未来の噂」のこと >>