2009年 01月 19日

#15 反抗の凱歌

・えー、諸般の事情で縮小版でお送りさせて頂きます。一応、予定では次週は通常に戻っている筈です。

・どうでもいいことなんですが、スカパーのCMに出てるヨンさま見たらビリー・カタギリのコスプレにしか見えませんでした。



・なんで刹那はカタロンの基地の位置を知っていたんだろう。

・しかし、ここのスタッフは直接戦闘に関与しなければ戦争していないとか、手を汚すことにはならないと思っているようです。
 僕の中では戦闘員にレ-ション配るのも、軍用艦内で医療行為に携わるのも、兵器の修理を手伝うのも皆、戦争行為なんですが。

・ハーキュリーの言っていることは文民統制の観点からすれば某田母さん並みに酷いことなのですが、それ以上に惨いのは「世論を無視した形で独立治安維持部隊を創設」とか言ってるとこでしょうか。
 世論は支持してるんじゃなっかたのかよ、と小一時間(以下略)。

・しかし、なんでマネキン姐さんとカタギリは初対面みたいな挨拶してるんだろう。大学時代に面識あった筈なんですが。

・カタギリの階級が大尉で吃驚。仮にも開発部の偉いさんなんだから、もっと上だとばかり思ってました。

・しかし、マリナが王女に選ばれた経緯って訳がわからないなあ。両親がいたのなら、まずそっちが国王なりになるのが筋なんじゃなかろうか。

・久しぶりのコーラサワーは美味しいというか、なんというか。取り敢えず、惚れた女にあてにされているっていうのは喜ぶべきことではないかと。
 それ比べれば、小熊に相手にされないなんて些細なことであろうよ、と。

・それにしても、どうしてトランザムは一度発動すると粒子を使い切るまで止められないんだろう。最低限の活動を保証する量くらいは残しておけばいいのに。
 もしくは、GNコンデンサーを増槽のように外付けするとか。イワンも色々考えればいいのになあ。
 前回、それで痛い目に会ったんだから、少しは学習して欲しいなあ。っていうか、なんで活動不能のデュナメスを破壊しないのかが不思議。どうして通り過ぎるのだろうか、アロウズ。母艦潰すついででガンダムを1機、破壊出来たというのに。
 まあ、素晴らしいくらい御都合主義ですなあ。

・で、クーデターですか。これまた、絶妙のタイミングで実施されたものです。これがなかったら、CBは00ライザーを残して事実上壊滅していたでしょうに。
 前回のコメントで梅安さんが望んだ絶体絶命は、いとも簡単に回避されてしまいました。

・どうやらクーデター部隊が占拠したのはアフリカタワー/ラ・トゥール1基のみの様子。どうせ大きいことを言うなら、軌道EV3基同時占拠くらいはやって欲しかったなあ。
 っていうか、そうじゃないと電力供給という面では残りの2基があるから、あんまり上手い恫喝にはならないような気がします。
 無意味とまでは言いませんが、最悪、供給制限とかすればAEU地域分くらいならフォロー出来るような感じもしますし。それともあれですか、物質なんですかね。言うこときかないと、爆破しちゃうとか。

・最後に登場したマスラオの隠し玉はトランザムでした。2ch辺りでは教授が死んだ時点ではトランザムのトの字もなかったのに、既に予見していたとは素晴らしい、とか。
 リボンズも再現出来ていないトランザムの基礎理論を完成させていたとは、本当に凄いとか言われてて吹きました。
 けど思うにトランザムには数分間限定の無敵後の行動不能がもれなく付いて来るという欠陥品なので、これに頼らない機体を作るというのは真に正しい設計思想であり、用兵理念ではないかと。
 そういう意味ではトランザムにすぐ頼った戦術を立案する、どこぞの予報士に比べればよっぽどリボンズの方がましだと思う次第です。或いは「戦略」と「戦術」の違いってとこでしょうか。
[PR]

by shunichiro0083 | 2009-01-19 00:55 | 感想「00」


<< #16 悲劇への序曲      #14 歌が聴こえる >>