2008年 12月 14日

#11 ダブルオーの声

・なんかこう、いつにも増して色々と突っ込みたいことだらけな30分だったのですが-本当にこれでいいのかなあ、このアニメ。
 まあ、取り敢えず、脚本家とか監督の人達の意識の中で、引き金さえ引かなければ人殺しではない、ということでOKなのだということはよく分かりました。



・アバンでの少女の演出を唐突だと感じる自分はきっと心が狭いのでしょう-せめて先週やっとけ、という感じですが。もっと言うなら、出て来た辺りから台詞で匂わせていれば、先週のスイールの描写ももっとすんなり受け止められたのではないですかね。
姫さん:「貴方のご両親は?」
少 女:「スイールに出稼ぎに行っているの」
姫さん:「(あの国なら、連邦にも堂々の外交で渡り合っているし、情報産業とレアメタルで豊かな国だもの。きっと大丈夫ね)」
-こんな感じで。それでも、何故、戦災孤児ではない彼女がカタロンと行動を共にしているのかは謎ですが。

・イノベイターの拠点は宇宙空間にあるらしい。今まではどこにあるかは兎も角、宇宙か地上かすら分からなかったからなあ。

・トランザムの限界時間は180sって、三分間なのか…っていうか、時間をはっきり明記するのは作劇上、大変にまずいのではなかろうか。三分間できっちりトランザムを終わらせるっていう芸は非常に高度で、難易度の高いものであろうと推測するのですが。
 しかし、理論とか予測を超える成果を発揮するシステムというものは果たしてリアルを指向するアニメにおいて是とされるものなのだろうか。ゲッターロボとかなら勿論、ありだとは思うけど。

・メメント・モリもツインドライブも世界を変える力、とか言われてます。前者は戦略兵器だから分からないでもないですが、後者の方はどうなんでしょうね。

・いや、アニメ誌の早摺りで知ってはいたのですが、アレルヤは本当にあれっきりだったようです。凄いなあ(棒読み)。
 ま、熊さんが五体満足で生きていたので良しとしましょう。

・ラッセはどうやらCB粒子の毒に身体を侵されている様子。外伝の技術があれば延命は可能なんですけどね。多分、それは望めないのでしょう。

・唐突にイノベイターのことを語り出すティエリア。イノベイターって、人工的に造られた生体端末、ということらしいですが、そんなこと今まで一言も画面で語られてなかったですよねえ…いいのか、これで。
 しかし、可哀想なのはアレハンドロ。アレハンドロが色々画策していた事例が全て、イノベイターの手柄にされてしまいました。誰一人として金ぴかに乗って戦った人間のことを覚えていないようです。
 せめて、ラッセくらいは覚えていてやってもいいだろうになあ。けど、そんなことをやってると尺が足らなくなるから省略されたんでしょうねえ。

・アレルヤの台詞笑ったッス。自分達が四年前、一体、どんなことをして来たのか全く以って、忘れ去っているようです。今のイノベイター=アロウズとやってることも、掲げる理想も本質的には何にも変わっていないとしか思えません、自分には。

・多分、ティエリアの独白を遮ったスメラギのこの行為を視聴者は後々、呪うことになるでしょうね-リボンズか誰かにティエリアの出自がイノベイターと同じとばらされて、トレミーの連中は酷く動揺するでしょうから。
 ひょっとしたら、これが原因でティエリアがイノベイターに走る、とかになるのだろうか。

・しかし、宇宙部隊を動かす決定を下すクラウスって、なんかカタロンで一番偉い人のように見える。まあ、他に偉い人が出て来てる訳ではないから、これでいいのかな?
 シーリンはシーリンで「祈るだけ」とか言ってるけど、だったら地上で同時多発テロでも起こして陽動を行い、少しでも成功率を上げるなりすればいいのになあ。

・こちらはこちらで唐突に禅問答を始める王とネーナ。この会話からするに、王は脳量子波が使える存在-ネーナやイノベイターについて少なからず劣等感を抱いている様子。
 さて、CBとイノベイターを手玉に取っているつもりの王は果たして、第2期のラスボスになれるのですかねえ。

・ジニン隊長の奥さんがCBではなく、カタロンのテロに巻き込まれてという辺りに徹底されてないなあ、と感じます。
 当初の通り、CBとはテロリストの集団である、ということをきちんと描き切る為にはやはりここは奥方はCBの武力介入の巻き添えを食った、ということにしておくべきだったんではないですかね。
 っていうか、見事なまでの死亡フラグでしたね、これ。

・マネキンさんが今回立案した戦術の一体何処に感心するところがあったのだろう。普通の、しかし効果が期待できる波状攻撃ではないかと思うのですが。

・案の定、リターナーはイノベイターとしか思えない演出。尤も、自己催眠か何かでイノベイターであることを人為的に忘れている、という可能性は成り立ちますが。

・で、粒子界暗号通信(当て字)って、何?今、思いついたのかな-もし、仮にこれが今まであった裏設定だったとしても、かなり下手糞な出し方なんじゃないですかね。

・飲み物は無重力対応なのに、歩くのは普通に歩くんだなあ。重力靴?それとも、ここら辺は重力ブロック?
 センサーの効果範囲とか通信もそうなんだけど、無重力についてももう少し描写を統一させてもいいんじゃなかろうか。今回、基地の通路とかもかなり微妙だと思いますし。
 いくら、アニメが集団作業だからと言っても、もうちょっと頑張ってもいいんじゃないかなあ。

・突然、出て来る大量のCBのメンバーに吃驚。あんだけ人員がいて、たった一人の操舵手or砲撃手の補充も利かないCBってどういう組織なんだろう…。
 いや、いるべきというか、いて当たり前だとは思うのですが、今までが今まででしたからねえ。過去のドック入りでも全然、他のメンバーは出て来なかった訳で。
 なのに急に出て来られても正直、違和感しか生じないんですよ。

・アリオスはGNアーチャーを装備しての出撃。セラヴィーとケルディムにも新システムが搭載されたらしいですが、今回程度の窮地では使用せず。多分、ケルディムに追加されたのはGNシールドビットだと思うんですけどね。

・今回、マネキンが投入した新兵器は熱源遮断マント、アッザムリーダーグレネード、3Dカムフラージュの三種類。対してCBはオーライザーとGNアーチャーに、前述の新システム二つの計四つ。
 やっぱり、戦局を左右するのは戦術ではなく新兵器の数のようです。

・ティエリアよ、そこは隠し腕を使う所ではないのかね?

・イアンは-無責任にも-沙慈に全てを託して退場。死亡か。それとも再起不能で納まるか。いや、あれこそ疑似GN粒子で幹細胞が損傷してそうなんですが(宇宙服で防護されたのかもしれないけど、そうなるとラッせとの整合性がねえ)。

・いや、初見ではてっきりGNアーチャーが残っているから沙慈を乗せたとばかり思ってましたが、よくよく見なおせば前述の通り。
 だったら、キャリアのあるソーマがオーライザーに乗って行くべきですよね。なんでスメラギは沙慈を降ろしてソーマを乗せなかったんだろうか。途中で撃墜される危険性は考えなかったんでしょうか。
 いや、それにしても本当に名無しさんの予想通りになってしまいました。トホホ。

・しかし、00ガンダムって原則ツインドライブで動いてるんですよね。スメラギもそれは十分承知しているだろうに、どうしてツインドライブ、ツインドライブと連呼するんだろう。
 それとも、たったの三分しか使えないトランザムに過大な期待を抱いているんだろうか。

・そう言えば、いつの間にかトランザムの起動が音声入力じゃなくて、手押し式のスイッチになってましたね。この変更に果たして意味があるのでしょうか-いや、ない。
 で、何故か基地内でのトランザムでは起きなかった現象が戦場では起きているという。たかだか20分足らずの間に前の描写が覆ってしまう、というのは正直どうなのよ、としか言いようがないですね、最早。
 沙慈とルイスに関してももう、御都合主義としか言いようがないって感じで。それともあれかな、これをやりたくてGN粒子による人の意識の覚醒と解放とかいうのを唐突に言い出したのだろうか。
 一つだけ納得がいったのは、殆ど脳量子波を使えるという描写のなかったルイスに脳量子波対応型アヘッドが渡されたのが何故だったのか、ということくらいですか-それも本編内での説明ではなく、制作側に立っての納得だったのですが。
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-12-14 19:19 | 感想「00」


<< グレートメカニック.DX7のこと      #10 天の光 >>